2017年6月20日(火)/関西部会 第4回 技術研究講演会

関西部会 第4回 技術研究講演会
【AI技術と無線ネットワーク技術】

1.開催案内

(1) 日時

2017年6月20日(火)13:30~16:40(受付開始13:00)
交流会 17:00~19:00

(2) 会場

大阪市立総合生涯学習センター
● URL: http://osakademanabu.com/umeda/access
● 住所:大阪市北区梅田 1-2-2-500 大阪駅前第2ビル 6F
           (交流会会場は当日ご連絡させて頂きます)
● 当日の連絡先: 06-6227-4002(関西部会事務局)

(3) 参加費

講演会
会員:1,000円、賛助団体会員:無料
非会員:2,000円、学生:無料

交流会   3,500円

(4) 参加申し込み

下記のページからお申込みください。

https://www.m2msg.org/?p=4533

(5) 主催

● NPO法人 M2M・IoT研究会 関西部会
● 大阪工業大学 情報科学部

2.プログラム

Ⅰ.M2M・IoT研究会理事長・
        関西部会長挨拶・・・ 13:30~14:00

● NPO法人M2M・IoT研究会 理事長 小泉 寿男
● NPO法人M2M・IoT研究会 関西部会 部会長 西村 雄二

Ⅱ.講演 ・・・ 14:00~15:00

IoTとサイバーフィジカルシステムを知能化するAI技術の動向
神戸大学大学院工学研究科 電気電子工学専攻 教授
小澤 誠一 先生
<概要>物理世界とサイバー世界を融合して新しいサービスを生み出す概念であるIoTやサイバーフィジカルシステム(CPS)が注目されて久しいが、最近、人工知能を駆使して、人間の代替になりえる実システムの構築を目指す試みが注目されている。本講演では、人工知能の中核をなす深層学習をはじめとする機械学習手法を俯瞰した上で,IoTやCPSの知能化にも役立つAI技術を,講演者が取り組んでいるスマート農業やサイバーセキュリティなどの応用事例を交えて概説する。

(休憩 ・・・ 20分)

Ⅲ.講演 ・・・ 15:20~16:20

IoT向け無線ネットワークの技術動向
大阪工業大学 情報科学部 情報ネットッワーク科 教授
松井 進 先生
<概要>IoT向け無線ネットワークには、大規模化、電波到達性、低消費電力、信頼性、設置容易性などの要求条件がある。これらの要求を満たす通信技術としてLPWA(Low Power Wide Area  network)が注目を集めている。また、ネットワーク技術として、6Lowpan、RPLなどの技術が開発されている。本講演ではこれらの技術動向を紹介する。

Ⅳ.賛助会員企業紹介 ・・・ 16:20~16:35

日本ソフトウエア株式会社 様

Ⅴ.講演会終了の挨拶  ・・・ 16:35~16:40

NPO法人 M2M・IoT研究会 関西部会 副部会長 山崎 貞彦
(日本マイクロシステムズ株式会社 代表取締役社長)

交流会 ・・・ 17:00~19:00

引き続き、講演会近くの場所で交流会を行います。ご講演者、会員紹介の関係者、および参加者との交流の場ですので、多数の方のご参加をお願い致します。開催場所は当日連絡をさせていただきます。

以上