関西部会

関西部会の活動方針と活動計画

関西部会長 西村 雄二

■ 設置趣旨

  • NPO法人 M2M・IoT研究会の設立趣旨を基本に、且つ様々な活動成果を活用し、M2M/IoT技術による情報社会の発展、関西の活性化に貢献します。
  • M2M/IoT技術を社会を繋ぐ新たな仕組みとして活用し、新たな顧客価値を生み出すビジネスモデルの共同型事業開発支援を目指します。
  • 継続して、新たな会員を勧誘し、会員相互にM2M/IoT技術を理解し、ビジネス応用への活動に挑戦していきます。

■ 活動方針

関西部会は下記の3本柱を基本に具体的活動を企画・実行していきます。

  • M2M/IoT技術に関する最新動向の把握(旬の情報を知り、触れる)
  • M2M/IoT技術に関する応用事例の研究(ビジネスを拓く)
  • M2M/IoT技術に関する技術修得(人を育てる)

具体的には以下のような場を設け、活動を推進していきます。

  • 関西における企業間交流の場の提供
  • 関西におけるM2M/IoTビジネス/技術講演会の企画・開催
  • 関西の大学・高専学生教育に関する交流の場を提供

また、関西地区で既に活動をされておられる関係団体と協同して活動を進め、2018 年度は、特に「2.M2M/IoT技術に関する応用事例の研究」に関して、関西地区の関係機関・団体と連携し、関西部会幹事会メンバー相互に協同してIoT関連ビジネス創出に向けた活動に積極的に挑戦していきます。

■ トピックス

2018年6月8日(金)に、大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室にて多くの方にご参加を頂き、開催しました第9回関西部会講演会時の風景

(講演)「部品メーカから見た、IoT市場動向と無線センサの活用事例」

ローム株式会社 産機戦略部 IoTセンサソリューション課 課長 小宮 邦裕 様のご講演

 (講演)「IoT、AI、ロボットがつくる未来の農業は?? 山形からの産学連携チャレンジ」

株式会社ViAR&E(ビアアンドイー)代表取締役 兼 岩手大学大学院連合農学研究科 生物環境科学専攻 地域環境工学 (山形大学農学部 生産機械研究室)     市浦 茂 様のご講演

 講演会場全景
 交流会場全景

■2017年度の活動実績

関西部会 技術講演会(春季) を開催(参加者:53名)

(平成29年6月20日(火)、 於大阪市立総合生涯学習センター 第2研修室)

M2M/IoT技術に関して話題になっています【AI技術と無線ネットワーク技術】に関する最新動向について、大学でご研究をされています先生にご講演をして頂きました。

題目 【IoTとサイバーフィジカルシステムを知能化するAI技術の動向】

神戸大学大学院工学研究科 電気電子工学専攻 教授 小澤 誠一 先生

題目 【IoT向け無線ネットワークの技術動向】

大阪工業大学 情報科学部 情報ネットッワーク科 教授 松井 進 先生

 

関西部会 事例研究講演会(秋季) を開催(参加者:54名)

(平成29年 12月 5日(火)、 於 大阪市立総合生涯学習センター 第1研修室)

【人と関わるロボットの研究とAI技術を活用したIoT応用事例など】に関する最新動向について、大学で応用研究をされておられる先生と具体的なビジネスを創出・展開されています企業の有識者の方々にいろいろな視点からお話をして頂きました。

題目 【心を連れてくるロボット】

大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻 准教授 吉川 雄一郎 先生

題目 【なぜいま人工知能に取り組まないといけないのか?】

株式会社XEENUTS(ジーナッツ) 代表取締役 西田 泰彦 様

題目 【IoTプロダクション導入事例とその課題】

株式会社KYOSO  システムサービス事業部 事業開発室 副室長

ソリューションアーキテクト 辻 一郎 様

 

関西部会 M2M/IoT事例研究会(IoT関連製品見学)を開催(参加者:13名)

(平成29年11月 7日(火)、 於 株式会社コンテック 小牧事業所)

M2M/IoT応用事例の見学会として、関西部会の幹事会社である株式会社コンテックが開発製品化されている「M2M/IoTソリューションCONPROSYS」を自社工場にて活用・運用されている「小牧事業所」を下記の要領にて見学させて頂いた。最初に株式会社コンテックと小牧事業所の概要説明をして頂き、次にM2Mコントローラの導入事例のご紹介、その後、実際に運用されている工場の見学、最後に質疑応答の順で実施して頂きました。

 

関西地区大学・高専との交流会を開催(参加者:13名)

(平成29年 7月20日(木)、 於 大阪大学大学院基礎工学研究室システム創成専攻 知能ロボット研究室(石黒研究室))

ロボットに関する研究で有名な石黒研究室を関西部会幹事会関係者13名が見学させて頂いた。今回の見学会は大阪大学の学内の修士・博士課程に進まれる学生向けに開催されている内容で、NPO法人ということでお願いし、また、通常は1時間のところを1.5時間に延長して頂き、実現することができた。

石黒研究室では、未来の人間社会を支える知的システムの実現を目指し、センサ工学、ロボット工学、人工知能、認知科学を基礎として、知覚情報基盤・知能ロボット情報基盤の研究開発、そしてこれらに基づき、【人間と豊かにかかわる人間型ロボットを創成する研究】に取り組んでおられます。今回は、①人に強い対話間を与えられる社会的対話ロボット「コミュー」、②人と自然に関われる「自律型対話アンドロイド」、③力加減を調整する「ロボット用人口筋」を見学させて頂いた。

 

関西部会幹事会 会員相互の交流会を開催

NPO法人M2M・IoT研究会 関西部会 幹事会メンバーを中心に会員相互の情報交換、交流会を開催。

■第1回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:14名)

1.開催日時           2017年5月16日(火) 15:00 ~ 17:00

2.開催場所           アステック株式会社 本社 会議室

■第2回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:13名)

1.開催日時           2017年 7月20日(木) 15:30 ~ 17:30

2.開催場所            大阪大学大学院基礎工学研究室システム創成専攻 知能ロボット研究室 (石黒研究室)

■第3回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:13名)

1.開催日時 2017 年 9 月 19 日(火) 15:00 ~ 17:00

2.開催場所           アトラス情報サービス株式会社 本社 会議室

■第4回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:38名)

1.開催日時           2017年11月 7日(火) 15:00 ~ 16:30

2.開催場所           株式会社コンテック 小牧事業所

■第5回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:13名)

1.開催日時           2018年 1月23日(火) 15:00 ~ 17:00

2.開催場所           日本マイクロシステムズ株式会社 本社 会議室

■第6回:NPO法人 M2M研究会 関西部会 幹事会(参加者:13名)

1.開催日時           2018年 3月15日(木) 15:00 ~ 17:30

2.開催場所           日本ソフトウエア株式会社 会議室

 

関西部会と関西地区関連団体との連携活動、参加

■関西電子情報産業協同組合(KEIS)主催 実戦型プロトタイプIoTシステム構築研修

KEIS主催でNPO法人 M2M・IoT研究会 本部の理事会メンバーの講師による研修が実施され、その研修講座内容の検討に参画させて頂いた。

■関西電子情報産業協同組合(KEIS) IT技術者 中核人材ステップアップ研修

KEIS内の組合企業の中堅社員向け講座に「IoT概要」のテーマにて説明。